メニュー

雨漏り対策は大切

男の人と女の人

塗料で耐久年数が違う

新築の住まいも10年を過ぎるとさまざまな所に傷みが生じていきます。日頃からメンテナンスできる場所は自分で対応できますが、屋根となると自分では手入れをすることが難しくなります。屋根は日頃の強い日差しを浴びて色褪せや錆びが生じます。日当たりの悪い所にはコケが生えてきたりして見た目にも美しくありません。また、雨や風など、悪天候にさらされて軒先部分が劣化したり、木目の部分は腐食する場合もあります。このような症状を放置しておくと屋根に亀裂が入り雨漏りの原因や、ネズミや害獣侵入のきっかけを与えてしまいます。こんな時には京都にある屋根工事を専門で行っている業者へ相談してみましょう。昔ながらの茅葺き屋根は、屋根工事を行うと室内の暖房効果が高まったり、雨漏りのリスクを回避できます。雨が降るたびに壊れた雨樋から激しい雨音が気になる時には、雨樋交換を依頼しましょう。また、屋根には防水や防汚効果のある塗料が塗ってありますが、時間と共に塗料の皮膜が剥がれてその効果が失わせてしまいます。京都の施工業者では、住まいに足場を組み、外壁や屋根を高圧洗浄機などで清掃した後、塗料を塗り直す屋根工事を行っています。京都で屋根工事で使用される塗料はシリコンやラジカル、フッ素など、皮膜が機能する耐久年数によって合成樹脂の単価が異なります。塗料は色艶を決める顔料と、皮膜を均一にしてくれる添加剤、そして表面を保護する合成樹脂が混ぜられていて、京都でも日当たりの良さや雨風の強い所などで使い分けて修理してくれます。

Copyright© 2018 屋根の破損は分かりにくい!屋根修理は経験と勘に基づく職人技が必要 All Rights Reserved.