メニュー

火災保険で安価に修理

女性

事前に知っておきたいこと

突風や大雪などの影響により破損した場合や経年劣化した屋根を補修する場合、屋根修理費用が高額になることもあるので、事前に用意しておくと安心です。破損や劣化の状況は様々でしょうし、屋根に使用されている素材や修理の工法が異なれば、当然修理にかかる費用も違ってきます。例えば破損個所が屋根の一部だけにとどまる場合、屋根修理費用は安くて数万円、多くても30万円以内で済むでしょう。金属製の屋根などは定期的に塗り替えを行う必要がありますが、屋根全体の塗装を行う場合は安くて30万円、多ければ100万円近くかかってしまうこともあります。屋根の葺き替え工事が必要な場合は、安ければ30万円台、多い時は300万円近くかかってしまう場合があります。修理代金が高額になってしまった場合でも、火災保険の風災補償を利用すると保険金で屋根修理費用を賄えるので、実費を安く抑えることが可能です。ただし、必ず保険を利用できるというわけではありませんので、保険申請のサポートもしてもらえるような専門の屋根修理業者に相談した方が良いでしょう。屋根の塗り替えを行う場合は、費用や耐久性など、それぞれの特徴をあらかじめ把握しておくことも必要です。アクリル系の塗料は比較的安価ですが、耐久性は低いので、3年ぐらい経過すると塗り替えが必要になります。一方、フッ素系塗料はアクリル系塗料と比べると金額が数倍になってしまいますが、耐久年数は長く、7年以上塗り替えしなくても大丈夫です。

Copyright© 2018 屋根の破損は分かりにくい!屋根修理は経験と勘に基づく職人技が必要 All Rights Reserved.